環境方針

基本理念

基本理念
当社は身近なところから環境問題に取り組み、物流がもたらす環境への影響を考慮し、最適な輸送手段の立案、実行、環境にやさしいエコドライブの推奨による燃料の節約まで、全社員が環境保全に向けた取り組みを実行し、社会から一層信頼される企業を目指します。

基本方針

  • 当社は排出ガスによる地球温暖化、大気汚染を防止する為、エコドライブの実践を徹底し配車運用の効率化に努めます。
  • 当社は環境関連法規制、条例、協定及びその他の要求事項を遵守し、環境汚染の防止に努めます。
  • 当社は環境目標を設定し、改善事項を定期的に見直しながら、継続向上に努めます。
  • 当社は環境教育、啓発活動を通じて全従業員に本方針を周知するとともに、全社員の意識向上を図り、地域の環境保護活動に積極的に貢献します。
  • 当社は運搬から生じる適正処理、リサイクルを推進する取り組みを徹底します。
  • 本方針は広く社外に公表します。
基本方針

環境行動計画

株式会社ドリームは、エコドライブの推進を基本とし、環境保全活動に努めています。
アイドリングストップ・燃費向上など、ドライバーへのエコ教育や、事務所内でのゴミの分別、資源の節約等一丸となって取り組んでいます。
環境行動計画
環境保全活動への取組みについての現状把握と課題
(グリーン経営推進チェックリストに基づく現状把握と今後の課題)
  • 環境保全のための仕組み・体制の整備
    環境方針を策定し、環境保全管理者及び推進体制を定め、従業員に対して環境関連法規制の内容を伝えるなどしている。
    今後は、環境保全に関する積極的な取り組み項目を定め、管理責任者などの役割や責任権限の明確化をはかり、従業員に対して環境方針の徹底や環境に関する一般的な情報を定期的に伝えて環境保全意識の向上を図るなどの取り組みが必要である。
  • エコドライブの実施
    認証項目以外の取組みができていない。今後は目標達成に向けた計画的な取組みが必要である。
    特に燃費実績が悪いドライバーの個別指導を実施していく必要がある。
  • 低公害車の導入
    即時のCNG車、ハイブリット車の導入は難しいが、最新規制適合ディーゼル車導入を計画的に実施し、代替時には燃費基準達成車、低排出ガス認定車を選択するようにする。
  • 自動車の点検・整備
    おおむね各項目ともレベル2の取組みは実施している。今後も日々の点検・整備を推進していく。
  • 廃棄物の適正処理およびリサイクルの推進
    廃棄物処理は適正に実施している。従業員への廃棄物に関する教育も実施している。
  • 管理者における環境保全の推進
    管理者、従業員に対する環境教育は現場従業員とともに実施し、エコマーク製品の購入、不要照明の消灯、使用エネルギーや廃棄物の発生量の把握もできている。
目標
  • 環境教育の推進 
  • 燃費向上:対前年8%向上
  • 事務所での環境保全の推進:エネルギー使用量および廃棄物排出量の削減
目標達成に向けた具体的な取組み内容
  • 「環境教育の推進」に向けた具体的取組み
    日々の点検時や運行後に環境に関する一般的情報(環境問題の世界の現状など)や燃費実績等について継続的に情報提供、教育を行う。
    • 「事務所での環境保全の推進」に向けた具体的取組み
      ごみの分別を再徹底し、年間においてのゴミのさらなる削減に努める。
  • 「燃費向上 対前年8%」に向けた具体的取組み
    ・月次実績の公表、個別指導の実施
     目標達成率下位者に個別指導を実施する。
    ・アイドリングストップの徹底
     待機時のアイドリングストップ
    ・エコドライブ講習会を月1回実施(全員参加とする。)
     目標に対し個別指導をしていく。
お問い合わせ
ページTOPへ戻る